別れた相手と必要があれば連絡とることもあるけど。

別れる理由にもよるとは思います。
なんとなくもうダメなんだけど嫌いになったわけじゃないし・・・なんてときにはズルズル連絡とったりすることもありますが、そういうパターンのは、そのうち連絡回数も少なくなって自然に疎遠になりますね。
付き合ってる期間が長くて、共有しているものが多かったりしたら、しばらく連絡をとることもあります。
お互いの持ち物が、お互いの家にあったり、共通の友達に何か変化があったり、そんなときには必要にかられて連絡することもあります。
でもまあ、長く付き合っていて別れた場合は、たいていよほどの理由があるので、あまり長くひっぱらずに連絡は止めたいと思うことが多いです。
一番困るのが、もう新しい人がいるのに、相手が連絡をとってくる場合。
まったく意味のない連絡だったらムシすることもできるけど、実際に用があるなら冷たくあしらうわけにもいかず、新しい人にも説明するのも面倒だし・・・
いずれにしても、いつまでもダラダラ連絡とってたらスッキリできないので、別れて半年以内には連絡なしにしたいと思ってます。

ネットから始める恋愛は難しい!

 昨今のインターネット社会では、10年前から考えると驚くほど簡単にいろんな人たちと交流が取れるようになりました。
SNSやtwitter、ブログなど個人の素性や生活を知れるツールも驚くほど多くの利用者がいます。
そんな現代におけるネットでの出会いは国内にとどまらず、世界各国の人とまで簡単にあると思います。
 
 しかし、そんな簡単に出会える時代でも、恋愛関係に発展し、持続して行くことは容易ではないと思います。
なぜなら、恋愛はゲームや小説など机上の世界ではなく、生身の人間との交流だからです。

 たとえば、共通の趣味を通じてネットで知り合った男女が恋愛関係になるためには、趣味が合う点は有利に導くと思いますが、その二人を取り巻く環境は様々です。
それを、通常の社会での出会いと比べると、友人のコメントや出会う以前の日記や履歴などから知ってほしい情報以外にも知られてしまうことが多く、本人同士の交流以上に関係を考えさせるものになると思うからです。
 
 出会うのが容易な分、恋愛関係にまで進むのは、本当に一部なのではないかと思います。
しかし、ネットでの出会いの怖さもきちんと理解したうえで恋愛にまで進んだとしたら、それはとても素晴らしい関係を築けるのかもしれません。